息の長いエンジニアになる為のおすすめ資格

エンジニアの定年は、一般の会社員と違いはありません。
その会社が定年を何歳として定めているかによりますが、65歳ならもちろん65歳まで働いていくことはできます。
ただ、ルール上はそうであっても、実際にはもう少し早く引退をする人が多いのが現状です。
なぜなら、エンジニアは非常にハードな仕事で、体力が必要になるからです。年齢を重ねた時、若者と同じような仕事しかできていないのであれば、体力的な問題から自主退社をして他業種へ転職をする人もいます。

もしも、息の長いエンジニアになりたいのであれば、そうなる前に上流工程と呼ばれる部門に関われるようになっておく必要があります。
上流工程に関わるためには、いくつかおすすめ資格があり、それらを取得していくのがセオリーです。
データベーススペシャリスト試験やネットワークスペシャリスト試験は、まさに上流工程に関わるための資格。
こうした高度な資格を持っていれば、定年がたとえ65歳であったとしても、そこまで満足に働いていくことができるでしょう。
会社によっては、70歳を超えても雇ってくれます。それほど高度資格の威力は大きいということです。

また、情報セキュリティスペシャリスト試験も管理職になるためには取得しておくと良いでしょう。
管理職ポストに就ければ、若者と同じステージで体力勝負をし続けなくてもいいので、年齢を重ねても仕事ができます。
年齢を重ねた時に自分がどうなっているのか想像して、若いうちから何らかの対策を講じるのが賢い方法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です