エンジニア未経験の方におすすめ資格

IT系エンジニア未経験で、これからIT関連で仕事を始めたい人の為のおすすめ資格は「ITパスポート試験」です。
経済産業省が実施している国家試験で、情報処理技術者試験のひとつ。
スキルレベル1から4ある内の1に相当し、初級システムアドミニストレータの後継的な立場として2009年の春期試験から実施されています。
合格すれば、情報技術に関する基礎的な知識を持っていることが認められます。
パソコンを頻繁に扱うIT企業や、製造業の就職に有利に働くことが多いでしょう。
試験はCBT方式が採用されており、全国各地で随時行われています。
難易度としては、スキルレベル1と情報処理試験の中では一番低く、合格率も他の試験に比べて高いのが特徴です。
ITエンジニア未経験の人が何か資格を取得したいと考えた場合、最も容易に取りやすい資格と言えます。

もうひとつのおすすめ資格は、「基本情報処理試験」です。
こちらもITパスポート試験と同様、情報処理技術者試験のひとつでスキルレベルは2に相当しています。
試験改定前の第二種情報処理技術者試験の後継として位置付けられており、システムの利用者と開発者両方を想定した試験となっています。
こちらは情報技術の知識に加え、プログラミングの知識も問われている為、ITパスポート試験よりも難易度は高く、合格率も低くいです。
しかしながら合格すれば、就職や転職活動には優位に働き、仕事をしている人には資格手当てがもらえる場合もあります。
プログラマやシステムエンジニアを目指す人が多数受験している試験です。
ちなみに試験問題は全てマークシート方式によって解答するようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です