ITエンジニアが取るべきおすすめの資格

ITエンジニアは、新しい技術を常に吸収し続ける必要があります。
自分の能力を客観的に証明するために、多くの技術者が資格取得のために時間とお金を割いています。
企業によっては、資格を取得すれば報奨金を出すという会社も多いでしょう。

IT系の資格には、IPAが運営する情報処理技術者試験に加え、MicrosoftがWordやExcelの技術を検定するMOSが有名です。
他にも、oracleがデータベースの技術を認定するORACLE MASTERなどのISV系をはじめ、かなりの数が存在します。
しかし、やはりまず取得すべきは、公的な証明である情報処理技術者試験でしょう。
ISV系と違い、汎用的な知識を必要とする内容が盛り込まれており、受験料も比較的安めです。
基礎系である基本情報技術者や応用処理技術者はもちろん、高度系であるネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリスト、ソフトウェア開発の業務、インフラ開発の業務どちらにも必要な基幹的知識を問う問題が多いので、実務に役立てる事ができおすすめです。

反面、ISV系は、製品に特化している内容を問う問題が多いため、目的を持って取得すべきです。
例えば、インフラエンジニアでLinuxサーバーを用いたAP基盤を構築している技術者であれば、LPIC(Linux Professional Institute Certification)はLinuxの技術力の証明、スキルの底上げになる資格でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です